母子フィジカルサポートは安全で安心な母子支援スキルです

トップ > 母子フィジカルサポート研究会 > 団体案内

団体案内

団体概要

団体名 

(特定非営利活動法人)母子フィジカルサポート研究会

<由来>
主に周産期の母子を対象とし、身体的側面から観察し援助していく方法を模索・研究する、助産師を中心とした会。活動は日本に限定せず、グローバルスタンダードを目指す。一緒に研鑽し研究していく、前向きで積極的な活動をしていく意志のある会員の集まりでありたい。

設立   2012年1月1日
所在地 

〒110-0011 東京都台東区三ノ輪2-8-2 
       (株)プチブレスト内 

TEL 03-3806-1388 

FAX 03-3806-7732 

携帯 090-8514-2556

会員数  2014年12月31日現在
正会員 76 名
賛助会員 275 名
役員  代表理事   吉田 敦子
副代表理事  柳沢 明子
理事     村上 久美
理事     古川 寛野 
公式文書 定款  事業報告書

 

沿革

2015年3月  公式セミナー 育児セミナー3rdステップの開発
2015年1月  ミッションを「姿勢と発達を基本とした母子フィジカルサポート
(身体的支援)ができる仲間を増やす」に変更 
2014年8月  公式セミナー「育児セミナー1stステップ」
      「育児セミナー2ndステップ」開発 
2014年3月  公式セミナー「(新)入門セミナー」を開発 
2013年7月  公式セミナー「助産力サポートセミナー(現在中止中)」を開発 
2012年1月  特定非営利活動法人 母子フィジカルサポート研究会 に名称変更 
2011年5月  公式セミナーとして
「妊産婦のための母子フィジカルサポートセミナー(入門、基礎3編)」
「べびぃケアセミナー(現在中止中)」を開発 
2011年1月 

代表理事に吉田敦子が就任

当会のミッションを「姿勢と発達を基本としたフィジカルサポート
(身体的支援)ができる助産師を育成する」と定める。
「母子フィジカルサポート」とは、母と子がその人らしく妊娠・分娩・育児に適応できるよう、 身体的特徴(姿勢と発達)をふまえたサポートと定義する。 

2005年6月  特定非営利活動法人 母子整体研究会 認可 代表理事 渡部信子 
2002年  任意団体母子整体研究会 設立 代表 渡部信子
助産師を対象に「妊産婦の整体セミナー(骨盤ケア)」「べびぃ整体」セミナーや、 日本助産師会、日本看護協会、助産師学校などでの講演会を全国で開催 

 

 

活動内容

NPO 母子フィジカルサポート研究会は、 『母子フィジカルサポート』 を…、

 

1、広めます 

公式セミナーや講師派遣によって日本中に母子フィジカルサポートを広めていきます

 

2、実践します

会員一人一人がそれぞれのフィールドで母子フィジカルサポートを実践していきます

 

3、研鑽します

会員同士の学び合いを大切にします

 

4、研究します

母子フィジカルサポートのエビデンスの構築に努めます

 

5、楽しみます

母子フィジカルサポートの実践により、専門職としてのやりがいにつなげます

 

具体的な事業

具体的な事業としては、以下の3つを柱に現在活動しています。

「セミナーの企画・運営」

「講師派遣」

「調査・研究」

 

所在地・アクセス

主たる事務所

1.電話番号/ 03-3806-1388
  FAX番号/ 03-3806-7732

       E-mail   /  info@boshi.jp

     携帯電話 / 090-8514-2556 

  ※プチブレストと出ますので、母子フィジカルの件とお話し下さい。

 

2.住所

  〒110-0011

  東京都台東区三ノ輪2-8-2 (株)プチブレスト内 

 

業務時間

平日 10:00~18:00 

※土・日・祝日はお休みとなります。

※業務時間が変更になる場合がございます。

※不在の場合もあります。

 

<夏季休暇> 不定

<冬季休暇> 不定